B日記

マイナー僻地系ブログです。

RSSリーダーで購読する

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウズベキスタンで子供が増える要因


 日本に帰って思った事はやっぱ若い人が少ないということ。特に子供が少ないです。若者は力、数は力。例えば年収1000万の人間が一人いる「家族」よりも年収300万の人間四人がいる「家族」の方が総合的な経済力では上だと思います。(異論はたくさんあると思いますけど)全体では前者は1000万の経済力ですけど、後者は1200万の経済力なわけで、こういう考え方の延長線上にあるのが国民総生産なわけですから、やっぱ数は偉大です。国家は所詮家族のでっかいバージョンなわけですから、家族のあり方が国家のあり方といっても過言ではないと思います。

 人間は人生のターニングポイント、具体的には何らかの移動をする時にたくさんお金使うと思います。例えば転勤になったとき、旅行の時、通勤の時、こういう時に色々なものを買ったり、サービスを利用したりします。そして1000万収入がある人が200万の収入がある人より移動時に5倍使うってことは多分ないと思うので、消費ベースで見てみてもやっぱり数がいる国家は消費力が違います。そして何と言っても家族の数が多いと「見栄」が働くのがでかいです。結局近親者の数が少ないと「人は人、俺は俺」っていう発想になりがちなので、どうしたって見栄ベースの消費が働きにくいと感じます。

 中学校で教わった通り需要がインフレをもたらすのだとしたら、子供が減っている日本社会では上記の理由でインフレが起こりにくいという非常にシンプルな話になると思います。経済は子供でもわかるほど単純と偉い人が言ってた通りかもしれないです。しかしなぜウズベキスタンでは子供がバンバン増えて、日本では増えないのか。ウズベキスタンの事情を考えてみました。


【1限られた大学の数】

 まずウズベキスタンでは大学が全部で90しかなく、この大学の数の少なさが一つの要因としてあると思います。高学歴になって収入のいい仕事につきたいという考えは一般的なんですが、門戸が限られているので日本ほど大学にいかなきゃならない感はないです。すると家計における養育費もやはり激減します。日本でだってオール公立で高卒で通せば一人一千万養育費がいらないのに対して、一流大学出て年収1000万クラスの人間を育てようとしたら倍以上に違ってきます。(ソース/http://kodomo-ouen.com/data/02.html)ウズベキスタンでどうかは知らないんですが、さらに差があるはずです。

 ついでに言えば高卒で働く人の方が単純に稼ぎ出すのが早くなります。個人は低学歴に甘んじなければならないので不満かもしれないですが、家族全体としては経済的にいい事の方が多いわけです。その辺をいちいち考えてるわけじゃないんでしょうけど家族が多いということが何かと有利に働くという事を体験的にわかっているのか、失礼な言い方ですが低学歴エリア程人がたくさん増えていきます。

【2 家族による育児/育児最優先思想】

 ウズベキスタンの家族観は非常に厳格で、嫁は朝から晩まで家事をしろとか、乙女は4時にはうちに帰ってこいとか、男にはかなり甘めで女性に厳しい風潮があるんですが、とにかく育児に関しては家族総出でやるので日本のように育児にかかる負担を考えてちょっと今は出産を控えようとかいう考えはほとんどないです。大学生の時に結婚して(させられて?)子供を産んで、子育てで忙しいから休学退学も結構ザラです。

 女性には非常に厳しい話ですが、このシステムで育児にかかる負担を嫁と旦那家族が一手にひきうけるので育児に関してはかなりやりやすい環境となっています。

【3 男尊女卑社会のもたらす子供増】

 恐らくこれが一番シンプルな理由だと思うんですが、ウズベキスタンの社会では男がとにかく有利なので、家族もやはり男を欲しがります。確率は当然二分の一です。すると女の子が産まれた場合「男が欲しい」といってもう一人作ろうとします。これがブースターになって子供が増えて行くという事例をたくさんみました。


 他にも色々理由はあると思うんですが、自分が見た限りでは「これがたぶん子供が増える要因」という感じがしました。


| 経済っぽい話 | 13:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hukuroutown21.blog63.fc2.com/tb.php/4-147a6b15

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  • SEO
  • loading
  • B日記
ページビューランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。